• ホーム
  • カンジダが男性に感染した場合の症状とは

カンジダが男性に感染した場合の症状とは

カンジダに感染し、症状が出て辛い思いをしているのは女性が多いイメージです。しかし、実はカンジダは男性にも感染することがあります。感染している女性と性交渉を行うことによって、感染してしまうことなどがあります。その場合、性器に症状が出てきます。感染している女性から性交渉することで男性に移る可能性は低く、5パーセントほどと言われています。

カンジダ真菌は常在菌ですので、どちらかと言うと相手との接触なく、免疫が下がった際などに自然に感染することが多いです。男性が感染した場合は、基本的にあまり自覚症状はありません。女性の膣に比べ、男性器は高温多湿ではないので、菌が増殖しにくくなっているからです。

ですが、免疫力が下がっている男性は、症状が出やすくなるという場合もあります。糖尿病や、免疫不全系の病気にかかっていると免疫力が下がるためかかりやすくなったり症状が強く出ることがあります。その場合、亀頭や包皮などが発赤したり痒みが出てきてしまうなどの症状が出ることが多いようです。発赤だけでなく、白苔のようなものが表面に出てくることもあります。患部がかさかさになったり、湿疹が出る人もいます。痒みだけでなく、痛みが出ることもあり、中には排尿痛などを感じるようになることも多いです。また、包茎の場合などは亀頭と包皮の間に恥垢がたまりやすいので、菌が繁殖しやすく、症状が出やすいということもあるようです。また、男性でステロイド剤を服用している場合も、カンジダにかかりやすくなると言われています。

検査方法としては、患部に発赤や白苔がないか確認し、綿棒などで皮膚を採取し、菌がいるかどうかを調べます。菌の存在が確認された場合には、治療を行っていきます。

男性がカンジダに感染した際の治療方法は、抗真菌薬の軟膏を塗っていくことになります。抗真菌薬として有名なのはニゾラールクリームと呼ばれる薬です。男性のカンジダの治療方法は女性の治療方法とほとんど変わりません。女性の場合は膣に膣座剤を入れるのですが、男性は亀頭に軟膏を塗るだけでOKです。ニゾラールクリームでカンジダ治療を始めてみましょう。カンジダは再発しやすい病気ですし、普段の生活習慣による免疫力の低下によってかかりやすくなってしまいますので、薬での治療だけでなく、普段の生活をも見直していくことも必要です。ステロイド剤を服用している場合は、治療している間は必ず服用することをやめるようにしてください。

男性がカンジダに感染している場合、女性と性交渉してしまうと相手にうつしてしまうことになります。症状が出にくいので、かかっていることに気がつかないままうつしてしまうこともあるかもしれません。普段と性器の様子が違うようであれば、できるだけ性交渉するのは控え、病院に検査しに行くようにし、パートナーと関係を持つのは完治させてからにしましょう。タオルなどの共用も、治療中は控えた方が良いでしょう。パートナーのどちらかがカンジダになっている場合、お互いにうつすことになってしまうこともあるので、注意するようにしてください。

関連記事
妊婦は通常の人の約2倍カンジダになりやすい! 2020年04月03日

今までカンジダになったことがなかったのに、妊娠したとたんによくかかるようになってしまったという妊婦さんも少なくありません。これは、妊娠することによって身体の免疫...

カンジダが原因で爪が剥がれる病気に 2020年02月27日

実はカンジダ菌が原因で、爪にも影響が出てしまうことがあります。足などは、水虫になることが多いですが、カンジダ菌も水虫と同じ、カビが原因で感染する症状です。爪が浮...

カンジダは放置しても大丈夫?自然治癒はするのか 2019年12月24日

カンジダにかかってしまった場合、必ず毎回病院に行けなければいけないのでしょうか。症状がほとんどなく、軽度のみの場合放置していてもいつの間にか自然治癒できていた、...

カンジダ検査はどこでできる?そしてその方法とは? 2019年11月24日

カンジダにかかっているかどうかの検査は、基本的には泌尿器科や産婦人科、皮膚科などの病院で診てもらえます。男性の場合は泌尿器科や皮膚科が入りやすいと思います。女性...

膣カンジダ症と口腔カンジダ症の違い 2019年10月30日

カンジダと聞いて、最初に思い浮かべるイメージは膣カンジダ症が多いと思いますが、実は口腔カンジダ症というものもあります。原因は膣カンジダの場合と同じく、カンジダ真...