• ホーム
  • 再発を繰り返すカンジダの原因とその症状

再発を繰り返すカンジダの原因とその症状

カプセルを持っている女性

カンジダには様々な原因があります。カンジダ菌は常在菌と言って、普段は体内にいても悪さを起こすことはありません。ですが免疫が下がっている際には、身体の中のバランスが崩れてしまい、様々な不快な症状を呼び起こしてしまうことになります。

免疫が下がる要因としては、寝不足やストレスなどで身体の調子が乱れたり、疲労などによって起こることが多いようです。仕事やプライベートで大きなストレスを感じた際には、しっかり休むようにしましょう。また、忙しいときこそ睡眠時間を確保し、寝不足にならないように気を付けてください。不衛生な下着を付けていても、カンジダ菌が増えてしまうことなどがあります。毎日しっかり洗浄し、日光でカラリと乾かすようにしましょう。おりものなどが気になる人は、おりものシートなどを使うのも良いですが、こまめに変えないと逆に不衛生になってしまったり、肌が弱い人はかぶれやすくなってしまったりすることもありますので、注意して使うようにしてください。

身体は元気なのに、免疫が下がってしまうということもあります。たとえば、抗生物質の入った薬などを飲むと、体内のバランスが崩れてカンジダ菌が発生しやすくなってしまうこともあります。風邪などをひいた際に抗生物質の入った薬を処方され、それを飲むことによってカンジダが引き起こされたという例も多くあるようです。

カンジダは性行為で感染することもあります。多くは、上記であげたように免疫が下がっている際に常在菌によって引き起こされることが多いのですが、感染している状態で誰かと性行為をしてしまうと、相手にうつしてしまうということもあるので注意しなければいけません。症状が出ていない状態だと気付きにくく、パートナーがお互いに移し合ってしまうということもありますので、気を付けましょう。

カンジダ菌が引き起こす症状には、かゆみやおりものの増加、排尿痛などがあります。ほとんどの人が一番最初に感じるのが、かゆみでしょう。症状がすすむと、チーズ状のぽろぽろとしたおりものなどが出てきてしまうことがあります。チーズ状でなく、液体状のおりものが増えることもあります。いつもと違う感じがしたら、症状のサインです。さらに症状がすすむと排尿痛なども感じるようになってきてしまいます。症状が出たら、婦人科などに行って適切な治療を受けるようにしてください。膣洗浄や薬の投与などで、治療は可能ですがカンジダは再発率がとても高いです。4割以上の人が治療した後も近いうちに再発を経験しています。治療中、治ったと思って途中で薬を使うことをやめてしまい、そのまま再発してしまうということ多いようです。完全に治ったあとも、ふとしたきっかけで再発してしまうことも多く、それこそ4割以上よりさらに多くの人が経験しています。病院で言われた日数分、きちんと治療するようにして、治ったあとも再発しないような生活を心がえていきましょう。

関連記事
膣カンジダ症と口腔カンジダ症の違い 2019年10月30日

カンジダと聞いて、最初に思い浮かべるイメージは膣カンジダ症が多いと思いますが、実は口腔カンジダ症というものもあります。原因は膣カンジダの場合と同じく、カンジダ真...

カンジダにはカーネステン膣坐剤とクリームの併用がいい 2019年10月26日

カンジダにかかってしまった場合は、どのように治療していけば良いのでしょうか。病院で検査をした際には、カンジダ菌が確認できた場合は、その場で軽く膣洗浄を行ったあと...

赤ちゃんがカンジダに感染!?なぜ? 2019年10月23日

カンジダの原因は、免疫力の低下や不衛生な環境、人からの感染などがありますが、中には赤ちゃんがかかってしまうということがあります。まず、母親が出産時にかかっていた...