• ホーム
  • 妊婦は通常の人の約2倍カンジダになりやすい!

妊婦は通常の人の約2倍カンジダになりやすい!

今までカンジダになったことがなかったのに、妊娠したとたんによくかかるようになってしまったという妊婦さんも少なくありません。これは、妊娠することによって身体の免疫力低下や自浄能力低下が起こってしまうことが原因です。また、つわりが起こることで栄養を摂ることが不十分になってしまい、免疫力低下や自浄能力低下につながるということもあります。妊娠中期や後期におりものの量が増えることによって、蒸れてしまいカンジダにかかりやすくなってしまうということも多いようです。

妊娠中に母体から赤ちゃんにカンジダがうつるということはありませんが、出産時に産道感染をしてしまうという可能性はあります。産道感染を防ぐためには、妊娠中にカンジダにかかってしまっても、出産までにしっかり治療を終わらせておくことが大切です。妊娠中にカンジダの症状が出たら、かかりつけの産婦人科医に相談するようにしましょう。治療のための薬などを処方してもらえます。膣剤やクリームなどを処方されることになると思いますが、赤ちゃんには影響がないようなものを処方してもらえるので、安心して治療に専念するようにしてください。ですが、妊娠中の身体はとてもデリケートですので、一度カンジダが完治できたと思っても、何かのきっかけで再発することは珍しくありません。妊娠中に、治療をしていたのに結局何回もかかってしまったという妊婦さんも多いようです。つわりで体調を崩してしまったり、栄養が不十分な状態だと再発しやすくなりますので、治療とともに身体のコンディションを整えることにも注力していくことが望ましいでしょう。

いつもは大丈夫なのに、妊娠していることによって、カンジダにかかりやすい状態になってしまっているので控えた方が良い行為などもあります。たとえば、大浴場などに入ることも、普段ならば問題ありませんが、免疫力が下がっていることによって誰かが使った風呂椅子などから感染してしまうという可能性も考えられます。お店などの共用のトイレでウォシュレットやビデなどを使うことも同様です。挿入を伴わない性交渉なども、免疫力が下がっている状態で行うことによって感染しやすくなってしまうとうこともありえます。妊娠中は、普段よりも人一倍気を付けて生活をするようにされていると思いますが、思わぬ生活習慣がカンジダを引き起こしてしまうこともありますので、十分注意しましょう。

もちろん赤ちゃんを産んだあとも、身体は本調子ではありませんので、清潔な状態を保って感染しないようにしてください。免疫が戻ってからも、育児での疲労やストレスからかかりやすくなってしまうこともあります。自分がかかってしまった状態で、口移しをしたり、食器を共用したりしてしまうと、赤ちゃんにカンジダがうつってしまうことにもつながります。妊婦さんでいる期間が終わったからといって油断はせず、引き続き生活習慣には気を付けるようにしましょう。

関連記事
カンジダが男性に感染した場合の症状とは 2020年01月22日

カンジダに感染し、症状が出て辛い思いをしているのは女性が多いイメージです。しかし、実はカンジダは男性にも感染することがあります。感染している女性と性交渉を行うこ...

カンジダが原因で爪が剥がれる病気に 2020年02月27日

実はカンジダ菌が原因で、爪にも影響が出てしまうことがあります。足などは、水虫になることが多いですが、カンジダ菌も水虫と同じ、カビが原因で感染する症状です。爪が浮...

カンジダは放置しても大丈夫?自然治癒はするのか 2019年12月24日

カンジダにかかってしまった場合、必ず毎回病院に行けなければいけないのでしょうか。症状がほとんどなく、軽度のみの場合放置していてもいつの間にか自然治癒できていた、...

カンジダ検査はどこでできる?そしてその方法とは? 2019年11月24日

カンジダにかかっているかどうかの検査は、基本的には泌尿器科や産婦人科、皮膚科などの病院で診てもらえます。男性の場合は泌尿器科や皮膚科が入りやすいと思います。女性...

膣カンジダ症と口腔カンジダ症の違い 2019年10月30日

カンジダと聞いて、最初に思い浮かべるイメージは膣カンジダ症が多いと思いますが、実は口腔カンジダ症というものもあります。原因は膣カンジダの場合と同じく、カンジダ真...