• ホーム
  • 赤ちゃんがカンジダに感染!?なぜ?

赤ちゃんがカンジダに感染!?なぜ?

悩んでいる女性

カンジダの原因は、免疫力の低下や不衛生な環境、人からの感染などがありますが、中には赤ちゃんがかかってしまうということがあります。まず、母親が出産時にかかっていた場合に、産道を通して感染してしまうという可能性があるのです。妊娠中、母親がカンジダにかかっていたとしても、赤ちゃんは羊水や卵膜に包まれて守られているため、感染することなどはありません。ですが、出産時にだけ、産道に触れてくることによって、ちょうどそのときにカンジダになっている状態だと感染してしまうという可能性があります。妊婦さんは、妊娠中も都度治療するようにしておいてください。治療のための薬などは、婦人科で処方してもらえるものであれば赤ちゃんへの影響はほぼないので、安心して治すようにしましょう。特に、出産間近の妊娠後期には気を付けるようにしてください。それでも、いつもよりは免疫が下がっている状態なので、気を付けていても直前に感染してしまったということもあるようですが、その場合はお医者さんに伝えるようにしましょう。感染を防ぐような処置を考えてくれるので、あまり不安になり過ぎないようにしてください。

またカンジダはカビの一種なので、湿気なども感染の原因になります。赤ちゃんはおむつをずっとしていることになるので、蒸れてしまって、かかりやすくなってしまうことなどもありえます。他の原因のおむつかぶれだと思っていて、薬を塗ってもなかなか良くならないという場合は、カンジダが原因のおむつかぶれかもしれません。おむつはできるだけこまめに変えるようにし、高温多湿の状態を作らないようにしてあげましょう。毎日お風呂に入れてあげることも大切です。特におむつかぶれが起こっているときには、石鹸やお湯などが肌にあたるとしみてしまうことがあります。刺激の強い石鹸などは肌に悪いですし、症状を強めてしまうこともありますので、お湯のみや、刺激ができるだけ少ない石鹸などを使って洗ってあげ、清潔な状態にしてあげましょう。またお風呂場も清潔な状態をキープするようにしてください。梅雨の時期などは特にじめじめして、お風呂場自体にカビが発生しやすくなってしまっています。毎日換気を行い、カラッと気持ちの良いお風呂場を目指すようにしてください。

大人から赤ちゃんに感染するカンジダには、口腔内カンジダ症というものもあります。こちらは、赤ちゃんの口の中などに白いかすのようなものが付着するようになります。痛みなどはないのですが、なかなかとれないので、こすってしまい炎症になってしまうこともあります。この口腔内カンジダがおむつかぶれのカンジダになってしまうことなどもあり、その場合には病院で抗真菌の作用があるクリームなどを処方してもらい治療を行うことになります。大きな影響があるわけではありませんが、赤ちゃんがいる家庭ではできるだけ感染させないように普段から気を付けましょう。

関連記事
膣カンジダ症と口腔カンジダ症の違い 2019年10月30日

カンジダと聞いて、最初に思い浮かべるイメージは膣カンジダ症が多いと思いますが、実は口腔カンジダ症というものもあります。原因は膣カンジダの場合と同じく、カンジダ真...

カンジダにはカーネステン膣坐剤とクリームの併用がいい 2019年10月26日

カンジダにかかってしまった場合は、どのように治療していけば良いのでしょうか。病院で検査をした際には、カンジダ菌が確認できた場合は、その場で軽く膣洗浄を行ったあと...

再発を繰り返すカンジダの原因とその症状 2019年10月20日

カンジダには様々な原因があります。カンジダ菌は常在菌と言って、普段は体内にいても悪さを起こすことはありません。ですが免疫が下がっている際には、身体の中のバランス...